2015年09月12日

株主優待をもらうための注意すべきポイント

優待を実施している企業の株を買うことで貰える株主優待。
基本的には優待を貰うのに必要な株数を購入するだけですが、
いくつか注意しておきたいポイントがあります。

まず株主優待を貰うためには、
企業が定める権利確定日までに株主になっていることが条件。
そのためのリミットは権利確定日の三営業日前までで、
この日(権利付最終日)までに必要な株数を買わなければいけません。
権利付最終日の翌日以降に株を購入した場合は、
直近の株主優待は貰うことができません。
「せっかく株を買ったのに優待の権利日が過ぎていた」
という場合は次の優待実施まで株を持ち続けるか、
一旦売却して次の権利付最終日までに買い直すしかないです。

次に株主優待は権利確定日を過ぎてもすぐ届きません。
一般的に株主優待の品物が手元に届くのは、
権利確定日から二ヶ月程度先です。
例えば三月に株主優待を実施する企業の場合、
優待品が届くのは五月末くらいになります。
ネットショッピングで買った商品が翌日自宅に届く時代ですから、
「いつになったら優待品が届くんだろう」
と不安になって企業に問い合わせる方もいるようですが、
株主優待はあくまで企業から株主へのプレゼント。
すぐに手元に届かないことを覚えておきましょう。

このような株主優待に関する基礎知識は、
下記の株初心者向けサイトで丁寧に解説されています。


kabuzemi111.png

posted by 優待小僧 at 12:30| 株主優待の知識