2017年05月15日

株主優待を取得するために最適な証券会社

株主優待の取得をメインに投資する場合、二つのスタイルに分かれると思います。
ひとつは優待と配当金を目的に株を買い、将来に渡って権利を取得し続けるために長期ホールドする方法。
もうひとつが株主優待の権利を取得したら株を売り、その資金でまた次の優待銘柄を狙って短期売買をする方法です。

前者の長期ホールドをやるなら売買の回数は極めて少ないはずなので、どの証券会社で株を買っても大差はありません。しかし、後者の場合は売買の回数が増えて手数料コストがかさむと同時に、権利取得後の株価下落による損失リスクがあります。

特に大きなダメージになりやすいのが株価下落による損失で、多くの銘柄が権利確定日を境に株価が下がります。そのため、まともに現物取引で売買をすると、株主優待で得るものより損失の方が大きくなりがちなのです。

このリスクを回避できるのがSBI証券のつなぎ売りを使う方法。
実際に株主優待目的の投資を行う投資家からの口コミも良く、少ない資金を回転させながら株主優待を取得するには絶対抑えておきたいポイントです。

参考:SBI証券口コミ
posted by 優待小僧 at 23:27| Comment(0) | 日記

2016年08月06日

関西在住の方におすすめ!近鉄グループホールディングスの株主優待

近鉄グループホールディングスは主に大阪、奈良、京都、三重、愛知の路線を中心とした、民間の鉄道事業を手掛けています。
特に大阪線での利用客が多く、更なる路線拡大も行われている企業です。鉄道事業の他に百貨店やレジャー、流通、不動産などの経営もあり、非常に安定した企業と言えます。

株主優待の内容としましては、1000株以上を購入することで一年に二度の優待を受けることができます。
実際に取得できるものは、乗車券4枚、レジャー施設などで利用できる各種優待券となります。

乗車券は近畿日本鉄道で利用した乗車料金が無料になるものです。
例えば、大阪から名古屋へ行く際に利用するには2000円以上もの乗車料金が必要となりますが、乗車券を利用することで無料となります。
短い区間で使っても無料になりますので、できるだけ長い区間での利用をおすすめします。
特急を利用する場合は、別途に特急券のお支払いが必要ですので注意が必要です。

また、各種優待券は近鉄グループが経営するレジャー施設などの割引がありますので、旅行にはとても便利になっています。利用できなかった優待券については、金券買取などを利用することが可能です。関西在住の方や近鉄沿線をご利用の方にはおすすめの株主優待となっております。

■近鉄グループホールディングスの株主優待

株主優待乗車券
10,000株以上:4枚
20,000株以上:8枚
30,000株以上:12枚
40,000株以上:16枚

株主優待乗車証
51,000株以上:1枚
15万株以上:2枚
30万株以上:3枚
50万株以上:4枚
100万株以上:5枚
1,000万株以上:10枚

上記に加え、1,000株以上で下記の優待券を付与
沿線観光施設招待乗車券4枚、ご優待券(あべのハルカス展望台・生駒山上遊園地・志摩マリンランド・志摩マリンレジャー・志摩スペイン村・ゴルフ場・レンタカー・近鉄不動産・近鉄百貨店・レストラン・旅館・ホテル割引券等)1冊

posted by 優待小僧 at 12:45| Comment(0) | 日記