2015年12月29日

カブドットコム証券を使って株主優待を狙う

株主優待を狙うときに悩むのが株を買うタイミング。
株主優待の権利が得られる権利確定日が近づくにつれ株価が上がり、
権利確定日が過ぎると株価が下がる傾向にあるので、
買うタイミングが遅いと株主優待のメリット以上の含み損になることも。
とは言え早く買うと資金を拘束される期間も長くなるので、
同じ月に複数の株主優待を狙いたいときは困りますよね。

そこで使いたいのがカブドットコム証券の一般信用取引を使ったクロス取引。
クロス取引とは現物買いと信用売りを同時に出し、
株主優待の権利を取得したら現渡しで決済するもの。
この手法を使えば実質的に手数料のみで株主優待を取得でき、
株価がいくら動こうが売買差益は0円になります。
他に掛かる費用は信用取引の貸株料くらいでしょうか。

この方法で使うのは信用取引と言っても一般信用取引です。
一般信用取引の場合は制度信用取引で掛かる逆日歩は発生しません。
なので手数料と貸株料以外に費用が発生しないのです。
しかし一般信用取引で空売りができる証券会社は少なく、
先に述べたカブドットコム証券のほか数社でしか行えません。
とってもお得な方法なのに取り扱う証券会社が少ないのは謎です。
気になる方はご自身の使われている証券会社にて、
一般信用取引での空売りが可能かチェックしてみましょう。
posted by 優待小僧 at 12:34| 株主優待の知識

2015年09月12日

株主優待をもらうための注意すべきポイント

優待を実施している企業の株を買うことで貰える株主優待。
基本的には優待を貰うのに必要な株数を購入するだけですが、
いくつか注意しておきたいポイントがあります。

まず株主優待を貰うためには、
企業が定める権利確定日までに株主になっていることが条件。
そのためのリミットは権利確定日の三営業日前までで、
この日(権利付最終日)までに必要な株数を買わなければいけません。
権利付最終日の翌日以降に株を購入した場合は、
直近の株主優待は貰うことができません。
「せっかく株を買ったのに優待の権利日が過ぎていた」
という場合は次の優待実施まで株を持ち続けるか、
一旦売却して次の権利付最終日までに買い直すしかないです。

次に株主優待は権利確定日を過ぎてもすぐ届きません。
一般的に株主優待の品物が手元に届くのは、
権利確定日から二ヶ月程度先です。
例えば三月に株主優待を実施する企業の場合、
優待品が届くのは五月末くらいになります。
ネットショッピングで買った商品が翌日自宅に届く時代ですから、
「いつになったら優待品が届くんだろう」
と不安になって企業に問い合わせる方もいるようですが、
株主優待はあくまで企業から株主へのプレゼント。
すぐに手元に届かないことを覚えておきましょう。

このような株主優待に関する基礎知識は、
下記の株初心者向けサイトで丁寧に解説されています。


kabuzemi111.png

posted by 優待小僧 at 12:30| 株主優待の知識